ヨーグルト乳酸菌の上手な摂り方

トップページ ヨーグルト乳酸菌の上手な摂り方

ヨーグルト乳酸菌の上手な摂り方

乳酸菌で連想される身近なものとしてはヨーグルトが考えられるのではないでしょうか。

 

ヨーグルトのなかには乳酸菌と呼ばれるビフィズス菌などをはじめとするたくさんの種類の菌が豊富に含まれています。

 

その中でも一番の効果は整腸作用で、これは便秘や下痢などの改善に非常に有益な効果を発揮してくれます。

 

ですが、このように高い効果をもつ乳酸菌ですが、食べた時に胃酸によりほとんど消滅され腸にまで届くことがなく、

 

なかなか効果を実感できることが少なくはありません。よってこのように効果の高い乳酸菌をしっかり摂取するには、摂り方も重要になってきます。

 

では効果的に乳酸菌を摂取するにはどのように摂取すればいいでしょうか。まず考えられることはなるべく胃酸に溶かされずに腸にまで届くようにすることです。

 

胃は刺激を受けることで胃酸が分泌されるので、胃酸出ないタイミングで摂取することが重要です。

 

胃の容積は空腹時の状態で約50mlほどなのでこれ以上超えない量を摂取することが大切になります。

 

ちなみにヨーグルトの中にも飲むヨーグルトがあるので、これを50ml超えない量を摂取すれば腸まで届き十分な効果を得られるのではないでしょうか。

 

また、乳酸菌にもそれぞれ目的により摂取のタイミングが違うものあるので目的に応じた摂取をするよう心がけましょう。